自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >トガリシロオビサビカミキリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
トガリシロオビサビカミキリ(尖白帯錆天牛)
甲虫目  カブトムシ亜目  ハムシ上科  カミキリムシ科  フトカミキリ亜科
学名 Pterolophia caudata
撮影/June,28,2010

◎分布 北海道、本州、四国、九州、対馬。

◎時期 5〜8月。

◎大きさ 13〜17mm。

◎食物 広葉樹の樹皮。

◎ホスト 「ケヤキ」「フジ」など広葉樹の朽木。
・上翅には黒い斑紋と、白い帯状の斑紋があり、翅端は尖る。
・同じ仲間「アトジロサビカミキリ」「アトモンサビカミキリ」「ナカジロサビカミキリ」「ワモンサビカミキリ」など。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
カミキリムシ科の写真検索はこちら
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
撮影/May,30,2012
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 横から数枚撮っただけで逃げられてしまった。上翅の斑紋が良く解らないが、多分間違ってないだろう。名前にあるシロオビはあまり目立たず、個体によって違いが大きいようです。

2011年6月---スライドショーを追加。今回はゆっくりと付き合ってくれました。

2012年5月---斑紋が良く解る写真が撮れましたので追加しました。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

アトジロサビカミキリ

ワモンサビカミキリ

ナカジロサビカミキリ

アトモンサビカミキリ

クワサビカミキリ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ