自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・膜翅目(ハチ目) >セイヨウミツバチ

自然観察雑記帳/サイト内検索
セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)
膜翅目/ハチ亜目/ミツバチ科/ミツバチ亜科
学名 Apis mellifera
撮影/June,22,2004

◎分布/北海道〜九州。

◎時期/ほぼ一年中。

◎大きさ/12〜13mm(女王13〜17mm)。

◎食物/花粉、花の密。

・別名「ヨウシュミツバチ」。1986年に採蜜のためにヨーロッパから輸入された。近年はイチゴなど果物の花粉媒介にも使われる。

・在来種のミツバチは「ニホンミツバチ」。

・完全変態/卵→幼虫→さなぎ→成虫

・大きい画像、他の画像へ覗く
ハチ目写真検索はこちら

撮影/June,09,2010
撮影/October,03,2012
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

ハチ目・索引  写真

--関連ページ--

ニホンミツバチ

/ミツバチ科

オオマルハナバチ

/ミツバチ科

トラマルハナバチ

/ミツバチ科

コマルハナバチ

/ミツバチ科

クマバチ

/コシブトハナバチ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ