自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・膜翅目(ハチ目) >コガタスズメバチ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コガタスズメバチ(小形雀蜂)
膜翅目  ハチ亜目  スズメバチ科  スズメバチ亜科
学名 Vespa analis
撮影/October,14,2012

◎分布 北海道、本州、四国、九州、対馬、屋久島。

◎時期 4〜11月。

◎大きさ 22〜27mm。女王蜂 26〜29mm前後。

◎食物 樹液や花蜜、他の昆虫など。

・中型のスズメバチで、平地〜低山地にかけて普通に見られる。

・頭楯前縁の2大歯間には1小歯あるいは1小隆起がある。
・樹の枝や人家の軒先、生垣などに直径25cmほどの球状の巣を作る。
・同じ仲間「オオスズメバチ」「キイロスズメバチ」「ヒメスズメバチ」「モンスズメバチ」「チャイロスズメバチ」など。
・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。
大きい画像は覗くこちら。
ハチ目写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 攻撃性は弱く、大人しいそうですが・・・接近して撮ることが出来ませんでした。やっぱり襲われるのは怖いです。

ハチ目・索引  写真

--関連ページ--

オオスズメバチ

/スズメバチ科

キイロスズメバチ

/スズメバチ科

モンスズメバチ

/スズメバチ科

ヒメスズメバチ

/スズメバチ科

チャイロスズメバチ

/スズメバチ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ