自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・直翅目(バッタ目) >ハヤシウマ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ハヤシウマ
直翅目(バッタ目)  キリギリス亜目  カマドウマ科
学名 Diestrammena itodo
撮影/October,16,2007

◎分布 本州、四国、九州。

◎時期 7〜11月。

◎大きさ 13〜21mm。

◎食物 植物質、動物質の両方。

・光沢のない茶褐色をしたカマドウマの仲間。斑紋は個体変異が大きい。

・林に生息する。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像は覗くこちら。
直翅目(バッタ目)写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ かなり以前に撮り、解らずにお蔵入りになっていたもの。今回、日本直翅類学会監修の「バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑」を見て判断しました。カマドウマ科は、後脛節背面にある棘の本数や並び方などが見分けるポイントの一つのようです。

バッタ目・索引  写真

--関連ページ--

マダラカマドウマ

/カマドウマ科

ヤブキリ

/キリギリス科

ヒガシキリギリス

/キリギリス科

ヒメギス

/キリギリス科

ハヤシノウマオイ

/キリギリス科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ