自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・直翅目(バッタ目) >ハヤシノウマオイ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ハヤシノウマオイ(林馬追)
直翅目(バッタ目)/キリギリス科
学名 Hexacentrus hareyamai
「雌」 撮影/October,11,2011

◎分布/本州、四国、九州。

◎時期/8〜11月。

◎大きさ/雄=約25mm、雌=約45mm。

◎食物/他の昆虫。

・体は緑色で、頭部から前胸背面に濃褐色の条がある。主に森林に生息する。

・「スィーッ・チョン」と長く伸ばして鳴く。

・不完全変態(小変態)/卵→幼虫→成虫

・大きい画像、他の画像へ覗く
直翅目(バッタ目)写真検索
【分類】
◎動物界      [Animalia]
◎節足動物門   [Arthropoda]

◎昆虫綱      [Insecta]

◎直翅目       [Orthoptera]

◎コオロギ亜目  [Ensifera]
◎キリギリス上科
 [Tettigonioidea]
◎キリギリス科
 [Tettigoniidae]
◎ウマオイ亜科
 [Hexacentrinae]
◎ウマオイ属 [Hexacentrus]
※判断自信度 ★★★★☆
※メモ 類似種の「ハタケノウマオイ(H. japonicus)」は、「スイッチョ・スイッチョ」と鳴く事で見分けられるらしい。また、生息地も違い、主に明るい草地で見られると言う。・・・と言う事で判断しましたが、確実性はなく4つ星です。♂は発音器の所が少し違うようですが、♀は外見での判断は難しいようです。

バッタ目・索引  写真

--関連ページ--

クサキリ

/キリギリス科

ホシササキリ

/キリギリス科

ウスイロササキリ

/キリギリス科

オナガササキリ

/キリギリス科

ササキリ

/キリギリス科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ