自然観察雑記帳> >薬用植物 >ユキノシタ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ユキノシタ(雪の下)
ユキノシタ科、ユキノシタ属の常緑多年草
学名  Saxifraga stolonifera
撮影/May,16,2003

中国名  虎耳草(こじそう)

◎薬用部位  葉(虎耳草)。

◎薬効  火傷、しもやけ、健胃、整腸、小児のひきつけ。

◎採取時期  5月〜7月。

◎花期  5〜6月。

開花期に、十分生育した葉を採って天日乾燥させる。

・健胃、整腸には、一日5gを600ccの水入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。

・火傷、しもやけには、葉を軽く火であぶって、患部に貼る。(葉は、随時利用できる。)

・小児のひきつけには、生の葉を、軽く塩もみして汁を絞って飲ませる。

低地の湿った所や岩場に生えている。漢名の「虎耳草」は、葉の形が虎の耳を思わせることに由来する。山菜・採取方法はこちらへ。

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ