自然観察雑記帳> >薬用植物 >タケニグサ

自然観察雑記帳/サイト内検索
タケニグサ(竹似草)
ケシ科、タケニグサ属の多年草
学名  Macleaya cordata
  撮影/July,15,2003

◎薬用部位  茎、葉。

◎薬効  虫刺されのかゆみ、水虫、たむし、ウジの殺虫。

◎採取時期  随時。

◎花期  7月〜8月。

・茎、葉を傷つけるとオレンジ色の乳汁が出るので、その汁を外用として利用する。

・虫刺されのかゆみ、水虫、たむしには、生の茎、葉を切り取り、出てきた汁を直接塗る。

・ウジの殺虫には、茎や葉を刻んで利用する。

撮影/May,09,2003
・有毒成分を含むので決して口にしない。また、皮膚が弱い人は、炎症を起こしたりする事があるので注意が必要。有毒植物はこちら。

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ