自然観察雑記帳> >薬用植物 >サンショウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
サンショウ(山椒)
ミカン科、サンショウ属の落葉低木
学名  Zanthoxylum piperitum
「果実」 撮影/October,20,2003

中国名  山椒(さんしょう)

◎分布 北海道〜九州。

◎薬用部位  果皮(花椒)。

◎薬効  胃痛、腹痛、嘔吐など。

◎採取時期  8月下旬。

◎花期  4月〜5月。

・中国では、トウザンショウ、イヌザンショウを利用するが、日本のサンショウも代用できる。

・夏の終わり頃に果実を採って天日乾燥し、種子を除いて炒る。胃腸を温める力が強い。山菜・採取方法はこちらへ。

・一日1〜2gをお湯に入れ、数回に分けて温服する。

・雌雄異株で雌株には直径5mmの丸い実がなる。

「花」 撮影/ April,13,2003

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ