自然観察雑記帳> > 植物 > 樹木 >ムシカリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ムシカリ
スイカズラ科/ガマズミ属 (※)
学名 Viburnum furcatum
撮影/May,28,2010

◎被子植物/双子葉 合弁花。

◎別名/「オオカメノキ」。

◎分布/北海道、本州、四国、九州。

◎樹形/落葉小高木。

◎樹高/2〜5m。

◎花期/4〜6月。

◎生育地/山地。
・葉がよく虫に食われることから「虫食われ」と呼ばれ、それが転訛したと言う説がある。別名「オオカメノキ」は、葉が亀の甲羅に似ているからと言う説などがある。

・葉は対生。長さ6〜20cmの広卵形で、先は短くとがり、縁には小さな鋸歯がある。

・枝先に散房花序を出し、中心に両性花を多数つけ、その回りに2〜3cmの装飾花をつける。

「両性花」
・両性花は直径約8mm。雌しべは1個、雄しべは5個ある。 
・果実は長さ8〜10mmの広楕円形で、8〜10月に赤くなり、翌年に黒く熟す。
樹木/写真検索
離弁花類(1) (2)
合弁花類・単子葉類・裸子植物

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎キキョウ類 Campanulids
 (真正キク類U Euasterids U)

◎マツムシソウ目 Dipsacales 

◎レンプクソウ科 Adoxaceae

◎ガマズミ属 Viburnum 

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ ガマズミ属をレンプクソウ科に入れる文献もあるようですが、ここではスイカズラ科のガマズミ属として掲載します。類似種「ヤブデマリ」。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
(※)APG分類体系では、スイカズラ科、ガマズミ属からレンプクソウ科、ガマズミ属に変更されました。APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

樹木/科名別索引  五十音順索引

--関連ページ--

ヤブデマリ

コバノガマズミ

ニワトコ

タニウツギ

ツクバネウツギ
観察帳へ  写真帳へ

観察帳へ   写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ