自然観察雑記帳> > 動物 > 他の生物(哺乳類) >エゾリス

自然観察雑記帳/サイト内検索
エゾリス(蝦夷栗鼠)
哺乳綱  齧歯目(ネズミ目)  リス科
学名 Sciurus vulgaris orientis 英名 Yezo True-squirrel
撮影/September,04,2005

◎別名 「きねずみ」。

◎分布 北海道。

◎生息環境 平地〜山地。

◎大きさ 頭胴長22〜23cm、尾長17〜20cm、体重300〜470g。

◎食物 どんぐり、木の実など。

・北海道にしかいないリスで、ちょっとした雑木林や公園、人家の周辺などでもよく見かける。

・体毛は背面はこげ茶色、腹面は白色。冬毛は長く、耳にふさ毛が生える。

・昼行性で単独で行動する。「エゾシマリス」は冬眠するが、エゾリスは冬眠せずに元気に駆け回っている。

・春から夏に3〜6頭の子を生む。

他の生物/写真検索はこちら

※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

他の生物(哺乳類)/索引  写真

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ