自然観察雑記帳> > 動物 > 他の生物(哺乳類) >エゾシマリス

自然観察雑記帳/サイト内検索
エゾシマリス(蝦夷縞栗鼠)
哺乳綱  齧歯目(ネズミ目)  リス科
学名 Tamias sibiricus lineatus 英名 Siberian chipmunk
撮影/September,05,2005

◎他の和名 「シマリス」「シベリアシマリス」。

◎別名 「しまねずみ」「きねずみ」。

◎分布 北海道全域、利尻島、礼文島など。

◎生息環境 低地〜高山。

◎大きさ 頭胴長12〜15cm。尾長11〜12cm。体重71〜116g。

◎食物 種子や果実、昆虫など。

◎天敵 キタキツネ、エゾクロテン、エゾオコジョ、シマヘビ。

・ユーラシア北部に分布するシベリアシマリスの亜種。北海道では出会いやすい動物、都市郊外の公園などでも見かける。

・淡い茶色で背中に黒い五本の縦縞がある。縞の間は白。腹面も白色。

・昼行性で、おもに地上で行動し巣は地下にある。主食は種子だが、陸生貝類や昆虫なども食べる植物食の強い雑食性。

・冬眠期間が長く、時々目を覚ましては貯えていた食料を食べ、1年の200日前後は眠っている。「エゾリス」は冬眠しない。

他の生物/写真検索はこちら

※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

他の生物(哺乳類)/索引  写真

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ