自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・半翅目(カメムシ目) >マエグロハネナガウンカ

自然観察雑記帳/サイト内検索
マエグロハネナガウンカ(前黒翅長浮塵子)
半翅目(カメムシ目)  ヨコバイ亜目(頸吻亜目)  ハネナガウンカ科
学名 Zoraida pterophoroides
撮影/July,10,2010

◎分布 本州、九州。

◎時期 7〜9月。

◎大きさ 全長6mm前後。 翅端まで17mm前後。

◎食物 幼虫はキノコ類。

・翅の前縁部が黒褐色をしたハネナガウンカ。

・他のハネナガウンカ科「アカハネナガウンカ」「アヤヘリハネナガウンカ」など。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像は覗くこちら。
ヨコバイ類写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 良く似たものに「ウスマエグロハネナガウンカ(Z. albicans)」と言うのが居るらしく、翅の暗色部が本種より薄く透明部との境がはっきりしないそうです。
カメムシ目・索引  写真
--関連ページ--

アカハネナガウンカ

/ハネナガウンカ科

アヤヘリハネナガウンカ

/ハネナガウンカ科

マルウンカ

/マルウンカ科

キボシマルウンカ

/マルウンカ科

カタビロクサビウンカ

/マルウンカ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ