自然観察雑記帳/サイト内検索
マルウンカ(丸浮塵子)
半翅目(カメムシ目)  ヨコバイ亜目(頸吻亜目)  マルウンカ科
学名 Gergithus variabilis
撮影/July,18,2009

◎分布 本州、四国、九州。

◎時期 5〜8月。

◎大きさ 5.5〜6mm。

◎食物 植物の汁。

・体は半球形で、頭部は暗褐色。前翅は通常淡褐色〜暗褐色で両側に淡色斑があるが、個体によって変化が多い。

・他のマルウンカ科「キボシマルウンカ」「カタビロクサビウンカ」など。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。

 
ヨコバイ類写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 肉眼では良く解らず、テントウムシの仲間かと思ったが・・・・
カメムシ目・索引  写真
--関連ページ--

キボシマルウンカ

/マルウンカ科

カタビロクサビウンカ

/マルウンカ科

スジコガシラウンカ

/コガシラウンカ科

ナワコガシラウンカ

/コガシラウンカ科

ウチワコガシラウンカ

/コガシラウンカ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ