自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・双翅目(ハエ目) >シモフリシマバエ

自然観察雑記帳/サイト内検索
シモフリシマバエ
双翅目(ハエ目)  短角亜目  シマバエ科
学名 Homoneura euaresta
撮影/August,03,2009

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 4〜10月。

◎大きさ 3〜3.5mm。

◎食物 -----

・胸部背面は灰青色で黒い小さな斑紋があり、翅は黒褐色に白い紋がある。

・低山地の森林に生息し、葉の上で見られる。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。

 
ハエ目写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 全体が牛肉の霜降り肉のような模様をしていることからこの名があるのだろう。霜降縞蠅 ?

ハエ目・索引  写真

--関連ページ--

ハマダラヒロクチバエ

/ヒロクチバエ科

キイロケブカミバエ

/ミバエ科

ベッコウバエ

/ベッコウバエ科

キバネフンバエ

/フンバエ科

ミドリバエ

/クロバエ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ