自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・双翅目(ハエ目) >キバネフンバエ

自然観察雑記帳/サイト内検索
キバネフンバエ
双翅目(ハエ目) 短角亜目  フンバエ科
学名 Scatophaga scybalaria
撮影/September,12,2011

◎分布 北海道、本州。

◎時期 4〜10月。

◎大きさ 8〜11mm。

◎食物 他の昆虫など。

・体は黄褐色〜赤褐色で、胸部背面には不明瞭な褐色の縦条がある。額と触角は橙赤色、中脚と後脚に剛毛が生える。

・幼虫は、牧場の牛糞などから発生。成虫は他の昆虫を捕食する。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。 


・大きい画像は覗くこちら。
ハエ目写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 撮影地は標高1000mほどの高原。本種は、平地では見られないとの事です。

ハエ目・索引  写真

--関連ページ--

ベッコウバエ

/ベッコウバエ科

ミドリバエ

/クロバエ科

ツマグロキンバエ

/クロバエ科

ハマダラヒロクチバエ

/ヒロクチバエ科

キイロケブカミバエ

/ミバエ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ