自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・双翅目(ハエ目) >ナミハナアブ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ナミハナアブ(並花虻)
双翅目(ハエ目) 短角亜目  ハナアブ科  ハナアブ亜科
学名 Eristalis tenax
「雌」 撮影/June,11,2010
◎別名 「ハナアブ」。

◎分布 日本全国。

◎時期 4〜10月。

◎大きさ 14〜15mm。

◎食物 幼虫は腐った植物質。成虫は花の蜜や花粉。

・花上で普通に見られるアブの仲間。世界共通種。

・胸部は黒色で、暗色粉と黄色微毛で被われ、腹部は黒褐色で光沢があり、黄赤色の斑紋がある。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。 


・大きい画像は覗くこちら。
ハエ目写真検索はこちら
「雄」 撮影/September,21,2012
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 雄の複眼は接していて、雌の複眼は離れている。

2012年9月---「雄」の写真を追加しました。

ハエ目・索引  写真

--関連ページ--

シマハナアブ

/ハナアブ科

シマアシブトハナアブ

/ハナアブ科

ホソヒラタアブ

/ハナアブ科

ナガヒラタアブ

/ハナアブ科

マルヒラタアブ

/ハナアブ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ