自然観察雑記帳> > 動物 >昆虫・双翅目(ハエ目) >ヒトスジシマカ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヒトスジシマカ(一条縞蚊)
双翅目(ハエ目)  糸角(長角)亜目  カ科
学名 Aedes albopictus
撮影/July,01,2006

◎分布 本州〜九州、奄美、沖縄、小笠原。

◎時期 5〜11月。

◎大きさ 4〜5mm。

◎食物 雌は人間や動物の血液、雄は花の蜜や水。

・体は黒色で胸部背面に白い一本のすじがある。雑木林や公園、庭などで普通に見られ、よく人の血を吸う。

・血を吸うのは雌の蚊で、一回の吸血で約300個の卵が成熟する。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。

 
ハエ目写真検索はこちら

※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

ハエ目・索引  写真

--関連ページ--

オオチョウバエ

/チョウバエ科

ヒメセアカケバエ

/ケバエ科

メスアカケバエ

/ケバエ科

ウスイロアシブトケバエ

/ケバエ科

ミカドガガンボ

/ガガンボ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ