自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・双翅目(ハエ目) >オオチョウバエ

自然観察雑記帳/サイト内検索
オオチョウバエ
双翅目(ハエ目)  糸角(長角)亜目  チョウバエ科
学名 Clogmia albipunctatus
撮影/October,13,2012

◎分布 北海道、本州、四国、九州、南西諸島。

◎時期 5〜11月。

◎大きさ 4〜5mm。

◎食物 水垢など。

・全体に灰黒色で、翅の中央付近に2個の黒点、翅脈の末端には8個の白点がある。

・幼虫は下水溝、浄化槽などの汚泥中に発生する。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。

 
ハエ目写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 意外にも綺麗で可愛いと思いましたが、肉眼で見ただけでは解らないでしょう。・・・しかし、公衆トイレの壁に留まっていたところ、さすがに時間を掛けて撮る事は出来ませんでした。次は、もっとゆっくり丁寧に良い写真を撮りたいと思います。

ハエ目・索引  写真

--関連ページ--

ヒトスジシマカ

/カ科

ヒメセアカケバエ

/ケバエ科

メスアカケバエ

/ケバエ科

ウスイロアシブトケバエ

/ケバエ科

ミカドガガンボ

/ガガンボ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ