自然観察雑記帳> > 動物 >鳥類 >カワラヒワ

自然観察雑記帳/サイト内検索
カワラヒワ(河原鶸)
スズメ目 アトリ科
学名 Carduelis sinica ()  英名 Oriental Greenfinch
撮影/February,20,2008

◎生活型 留鳥。(沖縄では冬鳥)。

◎分布 九州以北。

◎生息地 林、農耕地、河原など。

◎見られる時期 一年中。(寒地では4〜10月)

◎大きさ L 14〜17cm。
      W 24cm。

◎飛び方 波状飛行。

・九州以北の平地や低山の明るい林など、市街地の公園、田畑などでも見ることが出来る。

・[雄] 全体に褐色かがった暗緑色。翼に鮮やかな黄色の斑があり、飛ぶと黄色い帯状に見え良く目立つ。嘴は雌雄とも淡い桃色。足は赤味のある肉色。

・[雌] 雄に比べ全体に色が淡く顔の緑黄色も少ない。

・「キリキリキリ」 「キュキュキュ」などと鳴く。

---日本鳥類目録/改訂第7版---
(日本鳥学会・2012年)

◎鳥綱 Aves

◎スズメ目 Passeriformes

◎アトリ科 Fringillidae

◎カワラヒワ属 Chloris

◎カワラヒワ Chloris sinica

・大きい画像、他の画像へ覗く
・写真検索/水辺の鳥 山野の鳥
・鳥類解説/@用語 A図解
「雄」 撮影/April,22,2016
「雌」
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 国内で繁殖しているのは亜種「コカラヒワ」。亜種「オオカワラヒワ」は冬鳥として渡来し、亜種「オガサワラヒワ」は小笠原諸島と硫黄列島に留鳥として生息する。

亜種オオカワラヒワは、亜種コカワラヒワより三列風切の白色部が大きくて目立つと言う。しかし正直な所良く解らず、写真は「亜種オオカワラヒワ」だと思うがあまり自信はない。

2014年12月---2012年発行の『日本鳥類目録/改訂第7版』による新しい分類体系を追加表記しました。()学名「Carduelis sinica」→「Chloris sinica」。

索引  五十音順索引  写真へ

--関連ページ--

ベニマシコ

アトリ

マヒワ

イスカ

ウソ
観察帳へ  写真帳へ
戻る  表紙へ