自然観察雑記帳> > 動物 >鳥類 >コハクチョウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コハクチョウ(小白鳥)
カモ目 カモ科
学名 Cygnus bewickii ()  英名 Bewick's Swan ()
撮影/February,07,2008

◎生活型 冬鳥。

◎分布 北海道〜本州。

◎生息地 湖沼、河川、内湾など。

◎見られる時期 10月〜4月。

◎大きさ L 115〜150cm。
      W 180〜225cm。

◎飛び方 直線飛行。

・冬鳥として北日本や日本海側に渡来する。

・雌雄同色。

・全体に白色。嘴は黒く、基部は黄色。「オオハクチョウ」より嘴の黄色い部分が小さく、先の方にとがってない。

・「ホゥ」「コゥ」と大きな声で鳴く。

・若鳥の羽色は褐色味を帯び、嘴はピンク色をしている。

「若鳥」

---日本鳥類目録/改訂第7版---
(日本鳥学会・2012年)

◎鳥綱 Aves

◎カモ目 Anseriformes

◎カモ科 Anatidae

◎ハクチョウ属 Cygnus

◎コハクチョウ Cygnus columbianus

・大きい画像、他の画像へ覗く
・写真検索/水辺の鳥 山野の鳥
・鳥類解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 嘴の黄色部の形から「コハクチョウ」と判断しましたが、それにしては頸が長めだなと感じました。図鑑によると、頸が長めのものと短めのものとの二つのタイプが居て、越冬地が異なる場合が多いそうです。また、嘴の黄色い部分は個体によって差があるそうです。

2014年12月---2012年発行の『日本鳥類目録/改訂第7版』による新しい分類体系を追加表記しました。()学名「Cygnus bewickii」→「Cygnus columbianus」。英名「Bewick's Swan」→「Tundra Swan」。

日本には亜種コハクチョウ(C.c. jankowskyi)と亜種アメリカコハクチョウ(C.c.colmbianus)が渡来する。
索引  五十音順索引  写真へ
--関連ページ--

コブハクチョウ

マガン

カリガネ

オシドリ

トモエガモ
観察帳へ  写真帳へ
戻る  表紙へ