自然観察雑記帳> > 動物 >鳥類 >コブハクチョウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コブハクチョウ(瘤白鳥)
カモ目 カモ科
学名 Cygnus olor  英名 Mute Swan
撮影/November,30,2006

◎生活型 -----

◎分布 -----

◎生息地 湖沼、池、河川など。

◎見られる時期 -----

◎大きさ L 125〜160cm。
      W 200〜238cm。

◎飛び方 直線飛行。

・ヨーロッパの中部や西部、モンゴル、バイカル湖東岸などで繁殖する。

・飼育されたものや、その子孫が野生化して留鳥として生息する。

・雄雌同色。

・体は白色。嘴は赤橙色で上嘴の縁、先端、鼻孔は黒色。上嘴の基部に黒い瘤があるのが特徴。黒い瘤は雄より雌の方が小さい。

・「アーウウ」「キャーウ」と鳴く。

撮影/April,21,2010

---日本鳥類目録/改訂第7版---
(日本鳥学会・2012年)

◎鳥綱 Aves

◎カモ目 Anseriformes

◎カモ科 Anatidae

◎ハクチョウ属 Cygnus

◎コブハクチョウ Cygnus olor

・大きい画像、他の画像へ覗く
・写真検索/水辺の鳥 山野の鳥
・鳥類解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 管理人のホームグラウンドである公園の池にも一羽居る(三枚目の写真)。何処から飛んで来たのか解らないが傷を負って落ちていた所を保護され、今では回復して皆の人気者になっている。

2014年12月---2012年発行の『日本鳥類目録/改訂第7版』による新しい分類体系を追加表記しました。
索引  五十音順索引  写真へ
--関連ページ--

コハクチョウ

ヨシガモ

オカヨシガモ

オナガガモ

ミコアイサ
観察帳へ  写真帳へ
戻る  表紙へ