自然観察雑記帳> > 動物 > 他の生物(両生類) >ウシガエル

自然観察雑記帳/サイト内検索
ウシガエル(牛蛙)
両生綱  無尾目  アカガエル科  アカガエル属
学名 Rana catesbeiana
撮影/July,20,2006

◎分布 帰化動物(北アメリカ東部原産)。

◎生息地 池や沼、湖などの水辺。

◎大きさ 11〜18cm。

◎食物 昆虫、「アメリカザリガニ」など。

◎繁殖期 5〜9月。
環境省/特定外来生物に指定。

・別名「食用ガエル」。1918年に食用として持ち込まれたが、食肉用としては根づかずに、野生化した。現在は全国的に分布している。

・ブォー、ブォーと大きな声で鳴き、人が近付くと「ギャッ」と音を発して水中に隠れる。

・体色は暗褐色や茶褐色、緑色などさまざまで、皮膚には複雑な斑紋がある。
・国内で見られるカエルでは一番大きい。
・オタマジャクシは、越冬して翌年に全長120〜150mmまで成長する。変態期は5〜10月。

撮影/April,25,2008

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎脊索動物門    [Chordata]
◎脊椎動物亜門   [Vertebrata]   

◎両性綱(両生類) [Amphibia] 

◎無尾目        [Anura]    

◎カエル亜目     [Neobatrachia]  
◎アカガエル科    [Ranidae]
◎アカガエル属    [Rana]
◎ウシガエル     [Rana catesbeiana]

撮影/June,09,2009
・大きい画像、他の画像へ覗く
他の生物/写真検索はこちら
撮影/August,27,2015
撮影/September,11,2015
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 鳴き声を聞く機会は多いですが、意外にも姿を見ることは少ないです。耳が良いのでしょう・・・直ぐに気付かれて水の中へ。

2015年9月---オタマジャクシの写真を追加。オタマジャクシの状態でもすごく敏感で近づいたらすぐに逃げてしまいます。粘りましたが良い写真は撮れませんでした。

他の生物(両生類)・索引  写真

--関連ページ--

アズマヒキガエル

/ヒキガエル科

ニホンアマガエル

/アマガエル科

トノサマガエル

/アカガエル科

ニホンアカガエル

/アカガエル科

アメリカザリガニ

/アメリカザリガニ科

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ