自然観察雑記帳> > 動物 > 他の生物(両生類) >トノサマガエル

自然観察雑記帳/サイト内検索
トノサマガエル(殿様蛙)
両生綱  無尾目  アカガエル科  アカガエル属(
学名 Rana nigromaculata
撮影/July,14,2004

◎分布 本州〜九州。

◎生息地 水田、池など。

◎大きさ 雄5.5〜8cm、雌6〜9cm。

◎食物 昆虫、クモなど。

◎繁殖期 4〜7月。

・後ろ足が長く、姿が凛としているので殿様の名がある。

・雄は背中の中央の線が緑か黄色、繁殖期の体色は金属光沢をおびる。雌は背中の線が白っぽく黒い斑がある。

・10月中旬から翌春まで冬眠する。寿命は3〜4年。

・繁殖期は4〜7月で、1800〜3000個の卵を産む。卵は約一週間で孵化し、幼生は約1〜2ヶ月で変態する。

撮影/August,09,2011

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎脊索動物門    [Chordata]
◎脊椎動物亜門   [Vertebrata]   

◎両性綱(両生類) [Amphibia] 

◎無尾目        [Anura]    

◎カエル亜目     [Neobatrachia]  
◎アカガエル科    [Ranidae]
◎トノサマガエル属 [Pelophylax]
◎トノサマガエル  [Pelophylax nigromaculatus]

撮影/August,24,2011
・大きい画像、他の画像へ覗く
他の生物/写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2015年7月---分類を追加表記しました。()以前は「アカガエル属(Rana)」だったものが、最近では「トノサマガエル属(Pelophylax)」として扱うことが主流となってるそうです。学名「Rana nigromaculata」→「Pelophylax nigromaculatus」。

他の生物(両生類)・索引  写真

--関連ページ--

ニホンアマガエル

/アマガエル科

シュレーゲルアオガエル

/アオガエル科

ニホンアカガエル

/アカガエル科

ヤマアカガエル

/アカガエル科

ウシガエル

/アカガエル科

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ