自然観察雑記帳> >薬用植物 >ウコン

自然観察雑記帳/サイト内検索
ウコン(鬱金)
ショウガ科、ウコン属の多年草
学名  Curcuma longa
撮影/September,05,2003

中国名  姜黄(きょうおう)。

別名   ターメリック。

◎薬用部位  根茎(姜黄)。

◎薬効  肝臓病、黄疸、胆結石。

◎花期  夏〜秋。

・熱帯アジア原産、暖地の畑で栽培されている。

・秋に掘り採って、天日乾燥する。

・一日3〜5gを400ccの水に入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。

・根茎を干して粉末にしたものは、カレー粉の原料になる。

撮影/October,27,2004
・漢方名の「鬱金」は中国のハルウコンのことで、日本では「姜黄」と「鬱金」が混同されていて、「姜黄」は体を温める薬草、「鬱金」は体を冷やす薬草で決定的な違いがある。ウコンは数種類あり、日本では通常、アキウコンのことを指している。

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ