自然観察雑記帳> > 山の幸 >ヤブカンゾウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
やぶかんぞう(藪萱草)
ユリ科、ワスレグサ属の多年草
学名  Hemerocallis fulva var. kwanso
撮影/July,15,2003

別名   わすれぐさ

 

◎採取時期 若芽は3月〜5月。花は7月〜8月。

◎採取場所 土手、野原、道端、畔、草原。

◎花期 7月〜8月。

◎利用部 若芽、花。

・かんぞう類は「のかんぞう」「ひめかんぞう」「にっこうきすげ」など、全国各地にいろいろな種類が自生していて、いずれも食べられる。「やぶかんぞう」は花弁が八重咲きで大きい。

・若芽は地上に出はじめた頃、地中の基部から、ひねり採る。花は、咲いた花だけを首から、ちぎり採る。

 
・山野草「ヤブカンゾウ」「ノカンゾウ」。
  撮影/March,29,2016
「若芽」
「お浸し」
食べ方 若芽は、塩を入れた熱湯でさっと茹でて、おひたし、和えものにする。そのほか、汁の実、天ぷらなど。花は、茹でて、酢のものに。そのほか天ぷら、ホワイトリカーに漬けて花酒にする。
薬効 鎮咳、鎮静、不眠、強壮など。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ノカンゾウ

アマドコロ

ナルコユリ

ウバユリ

コオニユリ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ