自然観察雑記帳> > 山の幸 >ウド

自然観察雑記帳/サイト内検索
うど(独活)
ウコギ科、タラノキ属の多年草
学名  Aralia cordata
撮影/ May,08,2003

別名/やまうど、うんどん、けうど、くさだら

◎採取時期/4月〜5月。

◎採取場所/山道沿いの傾斜地、土手。

◎花期/8月〜9月。

◎利用部/若芽、若い茎。

・春の山菜の代表、近年は栽培品が市販されるが、香り、味覚とも野生のウドにはかなわない。

・旬は葉が開ききってない新芽だが、少し開いた頃の葉の天ぷらも美味しい。

・山野草「ウド」。
「あく抜き」
酢味噌和え
「若葉」
・若芽の姿が、良く似ている「ししうど」も、苦味があるが、食べられる。
食べ方  新芽の先は、天ぷら。茎は、生食、酢味噌和え、和えもの、煮物、汁の実、炒めもの。茎は皮をむき、茹でて水にさらしあくを抜き料理する。皮は、きんぴら。
薬効  発汗、解熱、関節炎など。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

シシウド

オヤマボクチ

アシタバ

ウバユリ

ヒレハリソウ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ