自然観察雑記帳> > 山の幸 >トチノキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
とちのき(栃の木)
トチノキ科、トチノキ属の落葉高木
学名  Aesculus turbinata
撮影/September,28,2004

別名  とちのみ、とちぐり。

 

◎採取時期  9月〜10月。

◎採取場所  山の沢すじ。

◎花期  5月〜6月。

◎利用部  実。

・アクが強く、食べるまでには手間がかかる。

・天日乾燥した実を一晩お湯につけ皮をむき、さらに一昼夜水に浸し1時間ほど煮る。次に木灰を入れて、再び一昼夜寝かせて、アク抜きをする。

・大木になり、材質が柔らかく、木目が美しいので、お椀や盆などの木材として利用される。

食べ方 とち餅、せんべい、とち粥。アク抜きした実をもち米と一緒に蒸して、餅につきこむ。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ナナカマド

ガマズミ

サンショウ

ヤマノイモ

ツルリンドウ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ