自然観察雑記帳> > 山の幸 >タラノキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
たらのき
ウコギ科、タラノキ属の落葉低木
学名  Aralia elata
撮影/March,27,2003

別名  たらのめ、たらっぺ、とげうど、たらぼう

 

◎採取時期 4月〜5月。二番芽は夏まで。

◎採取場所 山地の日当たりの良い所。

◎花期  8月〜9月。

◎利用部   若芽。

・山菜の王とも呼ばれ、芽の天ぷらは最高の山菜料理。枝先の芽だけを指で折り取る。ナイフで枝ごと切り取るような事は絶対にしない。

幹は太く直立して、あまり枝を出さない。鋭い棘があるのが特徴。葉は茎の上部に広がるようにつき、軸にも棘がある。

・新芽の出る時期に良く似ている「やまうるし」に注意する。
「若芽・収穫」
「味噌焼き」

食べ方  天ぷら、和えもの、汁の実、みそ焼き(味噌をつけて焼く)。天ぷらは、はかまを取ってから、薄く衣をつけて揚げる。

薬効  糖尿病に良いといわれる。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ハリギリ

タカノツメ

ヤマウルシ

アカメガシワ

クサギ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ