自然観察雑記帳> > 山の幸 >シュンラン

自然観察雑記帳/サイト内検索
しゅんらん(春蘭)
ラン科、シュンラン属の多年草
学名  Symbidium goeringii
撮影/ March,17,2003

別名  ほくろ、じじばば、えくり

 

◎採取時期 3月〜4月。

◎採取場所 乾燥した林。

◎花期 3月〜4月。

◎利用部 花茎。

・洋ランのシンビジウムと同じ仲間で、古くから栽培され数多くの種類がある。

・山地に自生し、細長い葉を根ぎわから束生する。

早春に咲く花を花茎ごと摘む。花を摘んでも株には影響ないが、観賞するだけにしたい。 

・山野草「シュンラン」。

食べ方   茹でて、おひたし、酢のもの、和えものにする。
薬効  強壮効果、解毒作用、食欲増進作用。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ダイモンジソウ

ユキノシタ

ウワバミソウ

ワサビ

カタクリ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ