自然観察雑記帳> > 山の幸 >スミレ

自然観察雑記帳/サイト内検索
すみれ(菫)
スミレ科、スミレ属の多年草
学名  Viola mandshurica
撮影/April,17,2003

別名  すもとりぐさ、とののうま

 

◎採取時期 3月〜5月。

◎採取場所  林の中、草やぶ。

◎花期  4月〜5月。

◎利用部 若苗、若葉、花。

・おなじみの山野草、独特の風味で山菜としても人気がある。

葉は長い三角形で根から生じ、紅紫色の花をつける。

 
・山野草「スミレ」。

食べ方  おひたし、和えもの、汁の実、炒めもの、天ぷら、酢のもの、花酒。若葉、花とも生食できる。花の酢のものは、茹でた後、酢水で冷ます。ホワイトリカーにつけて花酒にも出来る。
薬効 血圧降下、血管増強、利尿、整腸、鎮静。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

シュンラン

ヒルガオ

リュウノウギク

ツユクサ

クサフジ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ