自然観察雑記帳> > 山の幸 >スイバ

自然観察雑記帳/サイト内検索
すいば(酸い葉)
タデ科、ギシギシ属の多年草
学名  Rumex acetosa
撮影/ March,19,2003

別名   すいじ、すかんぽ、すかんぱ

 

◎採取時期 11〜5月。

◎採取場所  あぜ、道端、野原。

◎花期 5月〜8月。

◎利用部 若芽、若い茎。

食べると酸っぱいので「酸い葉」と呼ばれる。古くから親しまれ、道端や土手に生える。

「ぎしぎし」と同じく、蓚酸を多く含むので食べ過ぎに注意する。

 
・山野草「スイバ」。

食べ方 和えもの、酢のもの、汁の実。蓚酸が多いので、よく茹でて水にさらす。柔らかい若葉や、かたくなる前の茎。
薬効  おできの毒消し、たむし、水虫など。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

オオバコ

ギシギシ

コウゾリナ

ノゲシ

タンポポ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ