自然観察雑記帳> > 山の幸 >リュウノウギク

自然観察雑記帳/サイト内検索
りゅうのうぎく(竜脳菊)
キク科、キク属の多年草
学名  Chrysanthemum makinoi
撮影/April,26,2003

別名 のぎく、やまぎく、のじぎく

 

◎採取時期  春〜秋。

◎採取場所  山地、丘陵。

◎花期  9月頃。

◎利用部  若芽、若葉、花。

・竜脳に似た香りの油が含まれている事が名の由来。
・野菊の一種で、「よめな」 「のこんぎく」などと、花だけでは区別しにくい。
・若葉、若芽、花を形を崩さない様に、指で摘み採る。
・山野草「リュウノウギク」。

食べ方  天ぷら、酢のもの、和えもの、煮物。天ぷらは、若葉、花に薄く衣をつけ揚げる。酢のものは、花を2、3分茹で甘酢に漬ける(2、3日後が食べごろ)。和えものは、茹でて水にさらす。

薬効  冷え性、リウマチ、鎮痛、など。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

イタドリ

シオデ

サルトリイバラ

スミレ

シュンラン

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ