自然観察雑記帳> > 山の幸 >オオナルコユリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
おおなるこゆり(大鳴子百合)
ユリ科、アマドコロ属の多年草
学名  Polygonatum macranthum
撮影/June,09,2003

別名  やまなるこゆり

 

◎採取時期 4月〜5月。

◎採取場所 山地の草原、林。

◎花期 5月〜7月。

◎利用部 若芽、若茎。

・鈴なりになった花が、ぶつかりあって音を出すようなので、「鳴子百合」の名がついた。

・葉が開く前の若芽を摘む。山のアスパラガスと言い、風味があり美味しい。

良く似た「あまどころ」も、一回り小型の「なるこゆり」も同様に食べられる。

若芽時が、有毒の「ほうちゃくそう」 「すずらん」によく似ているので注意する。
食べ方  おひたし、和えもの、汁の実、酢のもの、天ぷら、炒めもの。天ぷらは、生のまま薄く衣をつけて揚げる。和えもの、おひたしは塩茹でして、水にさらし料理する。
薬効  根茎は、疲労倦怠、食欲不振、咳、のどの渇きに効果がある。秋に、根茎を掘り取って細かく刻み、天日乾燥させたものを煎じて飲む。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ナルコユリ

アマドコロ

オオバギボウシ

バイケイソウ

ホウチャクソウ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ