自然観察雑記帳> > 山の幸 >ミツバ

自然観察雑記帳/サイト内検索
みつば(三葉)
セリ科、ミツバ属の多年草
学名  Cryptotaenia japonica

別名  のみつば、みつばぜり

 

◎採取時期 年中。

◎採取場所  山地の湿った林。

◎花期 6月〜7月。

◎利用部 若葉、根。

・山菜と言うより野菜としてなじみ深い、日本原産の数少ない野菜の一つ。店頭で売られているのは栽培した物。

・葉は名の通り、先端は3枚の小葉に分かれている。柔らかい葉や花茎を利用する。

・野生のものは大きくて歯ごたえがよく、香りも高い。初夏に小さい白い花が咲く。

・山野草「ミツバ」。
「花」 撮影/May,16,2003
「天ぷら」

食べ方  若葉は、おひたし、和えもの、汁の実、天ぷら。根は、きんぴら。

薬効  鎮静、健胃。詳しくはこちら

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ウド

オオバコ

カタクリ

クズ

ドクダミ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ