自然観察雑記帳> > 山の幸 >クワ

自然観察雑記帳/サイト内検索
くわ(桑)
クワ科、クワ属の落葉高木
学名 Morus alba
撮影/July,24,2003

別名  どどめ。

 

◎採取時期  6月〜8月。

◎採取場所  里山、林縁。

◎花期  4月。

◎利用部  実、新芽、葉。

・中国原産で、養蚕のために広く栽培されていたが現在は減っている。「やまぐわ」は山地に広く自生している。

・実は5〜14ミリで、熟すと赤から黒に変わり、黒くなったものを採る。実はとても甘い。

・材にアレルギー性物質を含むので、かぶれる事もあり注意する。

・樹木「マグワ」。

撮影/June,09,2004
 
食べ方  実は生食、ジャム、ジュース、果実酒。新芽や若葉は天ぷら、和えものなど。葉はクワ茶にする。
薬効  果実酒は滋養強壮。根皮は利尿、消炎、咳止めなど。詳しくはこちら

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

アケビ

サルナシ

マタタビ

オニグルミ

ヤマブドウ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ