自然観察雑記帳> > 山の幸 >クサフジ

自然観察雑記帳/サイト内検索
くさふじ(草藤)
マメ科、ソラマメ属の多年草
学名  Vicia cracca
撮影/August,04,2003

別名/のふじ、つるえんどう、つるはぎ

◎採取時期/春〜秋。

◎採取場所/原野、山麓。

◎花期/6月〜8月。

◎利用部/若芽、若葉、花。

・日当たりのよい山野の草地に生えるつる性の植物。葉と花が「ふじ」に似ている事から、この名がある。

柔らかい新芽や若葉を爪で摘み採る。花は花びらを摘み採る。

・摘み採ったものは、しおれないように手早く処理するのがコツ。

・山野草「クサフジ」。

食べ方  サラダ、天ぷら、和えもの、炒めもの、酢のもの、汁の実。新芽や若葉は、生でサラダに、または、天ぷら。一つまみの塩を入れた、熱湯で茹で水にさらし、和えものにする。花は、三杯酢や甘酢和えに。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

シュンラン

スミレ

リュウノウギク

ツユクサ

フジ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ