自然観察雑記帳> > 山の幸 >コシアブラ

自然観察雑記帳/サイト内検索
こしあぶら(漉し油)
ウコギ科、ウコギ属の落葉高木
学名  Acanthopanax sciadophylloides
撮影/ April,28,2003

別名  あぶらっこ、ごんぜつ、こしやぶ

 

◎採取時期  4月〜5月。

◎採取場所  山地の雑木林。

◎花期  8月。

◎利用部  若芽、若葉。

・塗料の油を取った事からこの名がついた。「タラの木」よりあくが強く、より強い香りとコクがある。

・木肌は若木のうちは灰白色で、幹はまっすぐ伸び、高さ3m〜20m程になる。

・葉が開ききってない新芽を摘み取る。天ぷらが一番美味しい。
撮影/April,22,2004

食べ方  天ぷら、和えもの、炒め物。天ぷらは、はかまを取り、生のまま薄く衣をつけて揚げる。和えものには、茹でて水にさらし、あくを抜いて料理する。
薬効  強壮、健胃、整腸、腰痛。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

タラノキ

ハリギリ

タカノツメ

ハナイカダ

ヤマウルシ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ