自然観察雑記帳> > 山の幸 >イタドリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
いたどり(虎杖)
タデ科、タデ属の多年草
学名  Polygonum cuspidatum
撮影/ March,29,2003

別名   すかんぽ、たちび、たじい、どかな

 

◎採取時期  4月〜5月。

◎採取場所  土手、草原、川岸、道端。

◎花期  7月〜10月。

◎利用部  若芽、若茎。

どこにでも群生している身近な雑草。夏から秋に花を咲かせる。

根は虎杖(こじょう)と呼ばれ、昔から漢方薬として有名。

・名は痛みをとる薬効があるためで、虎杖は茎が杖のようで、虎のような斑点があるので、そう呼ばれる。

・山野草「イタドリ」。
撮影/September,08,2003

・蓚酸を多く含むので食べ過ぎない事。葉が開いていない太い若芽を採る。

食べ方  酢のもの、和えもの、煮物、炒めもの。皮をむいて塩を入れた熱湯で茹で、水にさらしあくを抜く。

薬効  利尿、健胃、整腸、鎮静、咳止めなど。詳しくはこちら

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

オオバコ

クズ

ヨモギ

ゲンノショウコ

アザミ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ