自然観察雑記帳> > 山の幸 >ヒレハリソウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ひれはりそう(鰭玻璃草)※注
ムラサキ科、ヒレハリソウ属の多年草
学名 Symphytum officinale
撮影/May,12,2004

別名  コンフリー

 

◎採取時期  4月〜6月。

◎採取場所  土手、畑のわき、空地。

◎花期  6月〜9月。

◎利用部  若葉。

・ヨーロッパ原産、健康食品として人気を博し、各地で栽培されていたものが、現在は畑のわきなどで、野生化している。

・ヒレハリソウと言うより、別名のコンフリーの名の方が良く知られている。ホウレンソウより栄養価が高いと言われている。

・有毒植物「ジキタリス」に葉が似ているので注意。

食べ方 天ぷら、油炒め、お浸し、和えもの。お浸し、和えものは濃い塩水でさっと茹で、すぐに水に取る。
薬効 貧血、便秘、糖尿、下痢止め。詳しくはこちらへ
(※)注 現在、コンフリー(ヒレハリソウ)が原因と思われる健康被害例が海外で多数報告され、日本においてもコンフリーを摂取する事によって健康被害を生じる恐れがあると考えられ、コンフリー及びそれを含む食品の摂取は出来るだけ避けた方が良い。

有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ