自然観察雑記帳> > 山の幸 >ヒメジョオン

自然観察雑記帳/サイト内検索
ひめじょおん(姫女苑)
キク科、ムカシヨモギ属の越年草、二年草
学名  Erigeron annuus
撮影/May,22,2003

別名 やなぎばひめぎく、びんぼうぎく、きくよもぎ

 

◎採取時期  一年中。

◎採取場所  道端、空き地、草原。

◎花期  6月〜10月。

◎利用部 若苗。

・花が咲きはじめると苦みと香りが強くなるので、若苗を株ごと摘み採る。

・殆どくせがなく、ちょっと春菊に似た香りがする。よく似た「はるじおん」も同様に食べられる。

・山野草「ヒメジョオン」。

食べ方  天ぷら、おひたし、和えもの、汁の実、炒めもの。天ぷらは、生のまま。和えもの等は、一つまみの塩を入れた熱湯で茹でて料理する。
薬効  解毒、消炎、食欲増進。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ハルジオン

ノゲシ

アザミ

コウゾリナ

クズ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ