自然観察雑記帳> > 山の幸 >ハマダイコン

自然観察雑記帳/サイト内検索
はまだいこん(浜大根)
アブラナ科、ダイコン属の越年草
学名  Raphanus sativus var. hortensis
撮影/March,29,2003

別名/ほそだいこん、ほそねだいこん

◎採取時期/11月〜3月。

◎採取場所/海岸沿いの砂地。

◎花期/4月〜6月。

◎利用部/若苗、若葉、若根。

・砂浜に群生していて、淡紅紫色の花が咲く。栽培されていた大根が野性化したと言われている。 

・広がった葉を束ねて根ごと引きぬく。大根と同じで、花茎が立つと葉がかたくなり、根にスが入る。

・山野草「ハマダイコン」。

「果実」

食べ方  葉は一夜漬け、汁の実、煮物、和えもの、炒めもの、菜飯。根は一夜漬け、おろし、汁の実、煮物など。

薬効  消化作用、胸やけ。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

オカヒジキ

コマツヨイグサ

ハマナス

アシタバ

ツルナ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ