自然観察雑記帳> > 山の幸 >ゲンノショウコ

自然観察雑記帳/サイト内検索
げんのしょうこ(現の証拠)
フウロソウ科、フウロソウ属の多年草
学名  Geranium thunbergii
撮影/July,20,2004

別名  ふうろそう、いしゃいらず、みこしぐさ。

 

◎採取時期  4月〜8月。

◎採取場所  山野。

◎花期  7月〜10月。

◎利用部  若葉。

・山野の道端に普通に見られる高さ30〜60cmの多年草。

・若葉は毒草の「トリカブト」やキンポウゲ類「ウマノアシガタ」 「キツネノボタン」 「ケキツネノボタン」などに良く似ているので注意する。

 
・山野草「ゲンノショウコ」。

食べ方  和え物、炒め物、天ぷら。熱湯でよく茹で、水にさらして、和え物や炒め物に。
薬効  下痢止め、整腸。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ニリンソウ

ヤブレガサ

トリカブト

キツネノボタン

ケキツネノボタン

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ