自然観察雑記帳> > 山の幸 >ダイモンジソウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
だいもんじそう(大文字草)
ユキノシタ科、ユキノシタ属の多年草
学名  Saxifraga fortunei var. incisolobata
撮影/June,26,2003

◎採取時期 一年中。

◎採取場所 湿気のある崖地。

◎花期 7月〜10月。

◎利用部 葉。

・湿り気の多い岩場や崖地に群生している。

・全草が食用になるが、多産しないので、根は残すように葉だけ摘み採る。おなじような「ゆきのした」も同様に食べられる。

・山野草「ダイモンジソウ」。

 

・花が、大の字のように見えることで、「大文字草」の名がついた。
 
 
食べ方  天ぷら、和えもの、汁の実。天ぷらは、生のまま衣を付けて、揚げる。和えものは、茹でて軽く水にさらし料理する。
薬効  整腸、鎮咳。

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ユキノシタ

イワタバコ

ウワバミソウ

カタクリ

ワサビ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ