自然観察雑記帳> > 山の幸 >アシタバ

自然観察雑記帳/サイト内検索
あしたば(明日葉)
セリ科、シシウド属の多年草
学名 Angelica keiskei
撮影/March,29,2004

別名  「はちじょうぐさ」「はちじょうぜり」「あしたぐさ」。

 

◎採取時期   3月〜11月。

◎採取場所  海近くの林の中など。

◎花期  8月〜10月。

◎利用部  若葉、若芽、茎先。

・葉を摘んでも、明日には葉が出てくる、と言うのが名の由来だが、実際は2〜3日で出る。

・別名「はちじょうぐさ、はちじょうぜり」と言うように、伊豆大島や八丈島で盛んに栽培されている。

切り口から黄色い液が出るのが特徴。

 
・山野草「アシタバ」。
新芽、つやのある若葉を摘む。
「天ぷら」
食べ方 天ぷら、和えもの、炒めもの、煮物。
薬効 食欲増進、疲労回復、強壮、高血圧予防など。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

ウド

シシウド

ミツバ

ウバユリ

ツワブキ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ