自然観察雑記帳> > 山の幸 >アカザ

自然観察雑記帳/サイト内検索
あかざ(藜)
アカザ科、アカザ属の一年草
学名  Chenopodium album var. centrorubrum
撮影/May,08,2003

別名/しろざ、ぎんざ、えどあかざ

◎採取時期/5月〜10月。

◎採取場所/荒地、道端、土手。

◎花期/9月〜10月。

◎利用部/若苗、若茎葉、果実。

若葉、若苗を柔らかい部分から摘み採る。くせがなく、ほうれん草に似た味で、ビタミンも豊富に含んでいる。

よく育つと2mくらいになり、夏から初秋にかけて、枝先に緑色の小花を穂状つける。

・山野草「アカザ」。
・白い粉をふいたようになる「しろざ」も同様に食べられる。体質によっては、飲食後に強い日光に当たると日光皮膚炎になる事があるので、一時に多量の飲食を避けた方が良い。
食べ方 天ぷら、汁の実、おひたし、和えもの、炒めもの、佃煮。よく洗って粉を落とし、生のまま天ぷら、汁の実に。茹でたものは、おひたし、ゴマ和え、味噌和え、油炒めなどに。完熟した果実は、軽く茹でて、たっぷりの醤油で汁けがなくなるまで煮込み、佃煮にする。
薬効 虫歯の痛み止め、健胃など。詳しくはこちらへ

有毒植物索引  山菜索引

--関連ページ--

シロザ

ハハコグサ

イヌビユ

メマツヨイグサ

ツルナ

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ