自然観察雑記帳> > 有毒植物 >ヤマウルシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
やまうるし(山漆)
ウルシ科、ウルシ属の落葉小高木
学名  Rhus trichocarpa
撮影/April,19,2003

別名  うるし

◎生育地  山地。

◎毒のある部分  全体。

◎似た山菜 「たらのき

◎間違える時期  春の新芽の時期。

◎花期  5月〜6月。

・新芽は「たらのき」に良く似る。「やまうるし」には、枝に棘がない事で見分けられる。

・同じ仲間の「はぜのき」「やまはぜ」「ぬるで」なども葉が似ていて、触るとかぶれる。

 

・葉は羽状複葉で、樹高3〜10m程になる。

・5月頃、黄緑色の小さな花が咲き、秋には、真っ赤に紅葉する。

 
症状  毒成分は、ウルシオールで全体に含んでいる。接触性皮膚炎。

有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ