自然観察雑記帳> > 有毒植物 >スズラン

 
すずらん(鈴蘭)
ユリ科、スズラン属の多年草
学名  Convallaria keiskei

撮影/April,13,2003
 

別名  きみかげそう

◎生育地  山地、高原。

◎毒のある部分 全体。

◎似た山菜 「ぎょうじゃにんにく」 

◎間違える時期  春の新芽の時期。

◎花期  4月〜6月。

・若芽の時ユリ科の山菜、「あまどころ」「なるこゆり」「ゆきざさ」などによく似ているので注意する。特に「ぎょうじゃにんにく」に良く似ていて、間違え易いので注意する。

・可愛らしい花が咲き、良い香りがする。

 

撮影/April,29,2003
 
症状  全草に毒成分コンバリン、コンバラトキシン、サポニン等の強心配糖体があり、すずらんを挿した花瓶の水で中毒することもある。誤って食べると、心不全から死に至る場合があり、ジキタリスと同様の症状になる。

有毒植物索引  山菜索引

戻る  表紙へ