自然観察雑記帳> > 有毒植物 >シキミ

自然観察雑記帳/サイト内検索
しきみ(樒)
 モクレン科、シキミ属の常緑小高木
学名  Illicium religiosum
撮影/August,01,2003

別名  こうのはな、はなしば、しきび

◎生育地 林の下など。

◎毒のある部分 実。

◎似た山菜  なし。

◎間違える時期  秋の実どき。

◎花期  3月〜4月。

・「悪しき実」と言う意味からつけられた名前。

・仏花と言われ、かつては墓に供えられた。古くから墓地の周りに植えられる。

 
 

 
症状  毒成分は、シキミン、イリシン、アニサチン。主に実(果皮)に強い毒性を持っている。誤って食べると、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢を起こし、重症になると全身痙攣、呼吸困難などが起こり死に至る。

有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ