自然観察雑記帳> > 有毒植物 >ウマノアシガタ

自然観察雑記帳/サイト内検索
うまのあしがた(馬の脚形)
キンポウゲ科、キンポウゲ属の多年草
学名  Ranunculus japonicus
撮影/May,28,2003

別名  「きんぽうげ」

◎生育地 山地、野原の土手、道端。

◎毒のある部分  全体。

◎似た山菜 「にりんそう

◎間違える時期  春の新芽の時期。

◎花期  4月〜5月。

・日当たりのよい山野に良く生えている。円形の花びらが5枚あり強い光沢がある。

・若葉の頃は「にりんそう」に葉が少し似ているので注意する。
・山野草「ウマノアシガタ」。
「根生葉」
症状  草の汁が皮膚につくと、炎症や水ぶくれをおこす。誤って食べると、口の中や胃腸がただれ、血便が出る事もある。

有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   採取帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ