自然観察雑記帳> >薬用植物 >ヤマノイモ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヤマノイモ(山芋)
ヤマノイモ科、ヤマノイモ属のつる性多年草
学名  Dioscorea japonica
「雄花」 撮影/July,20,2004

中国名  日本薯蕷(にほんしょよ)。

生薬名  山薬(さんやく)。

◎薬用部位  根茎(野山薬、土山薬)。

◎薬効  食欲不振、滋養強壮、糖尿病、健胃など。

◎採取時期  秋〜冬。地上部が枯れてから。

◎花期  7月〜8月。

秋に掘り採った根茎を、皮をむいて天日乾燥する。すぐに疲れる人に良く、生で食べても良い。山菜・採取方法はこちらへ。

・一日3g〜5gを400ccの水に入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。

・山の芋は、里芋に対する名で山野に自然に生えるイモの意味。栽培されている長芋も使用できる。

「むかご」 撮影/September,11,2003

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ